• 2013.01.21 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

なんだか最近ブログを覗いてくれる人が増えているみたいなので
たまには書かなきゃと焦り気味(汗)

というわけで今日は「住む」シリーズ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「住みか」に興味があります。

屋根があって、雨風がしのげて、寝ることができればそれが家。
住宅でも、テントでも、東屋でも、洞窟でも、
かまくらでも、ダンボールハウスでも。
いろんな住みかを体験したい。

テントも張らずに寝袋だけで大地に寝て、
「地球が家さ!」なんて言っている友人もいましたが。

ちなみに朝、寒さに耐えられず焚き火に近寄りすぎて
寝袋が焦げていました(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回はモンゴルの家「パオ」を建てたときの記事、
そして沖縄の古民家の記事をアップしましたが、
今回はこどもたちと一緒に建てたこちらの家。

「葉っぱティピ」です。



以前リポートした友人が企画している「太陽と緑の祭」。
そこで出会った間伐した杉の葉っぱで作った葉っぱティピ。

(makoちゃんコメントありがとう!)

その素晴らしさに感激してしまって「自分でも作りたい!」
と、遊びにきていたこどもたちも誘って作ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは支柱となるシノ竹の頭を束ねます・



なぜか水平を図りたがるうちの子(笑)



立ち上がったものに庭で剪定した葉っぱを
どんどんくくりつけていきます。



これ、楽しい!作るのに夢中になって、
こどもたちのことを忘れていました(笑)
いつもまにかお手伝いが誰もいなくなってた・・・。
こどもたちががんばれたのは最初の十数分かな〜。

でも出来上がった自分たちの「家」に
台所を作ったり、椅子を運び込んだり、装飾したりして
楽しんでいたみたいです。



さて、家を作っていたらおなかもすいてきたいので
横でご飯を炊く準備。
ご飯はこの薪ストーブで炊きます。



この薪ストーブ、安い(6000円ぐらい)のわりにすごい優れもの。
ワッカをつけたりはずしたりすることで、いろいろなサイズの
鍋や羽釜が直火にかけられます。

また羽釜は熱効率がいいので少ない薪で
おいしいご飯が炊き上がります。



ごはんが炊けるまでの時間も干してあった豆の選別をするこどもたち。
お仕事体験という意味ではキッザ〇アにも負けてません(笑)
ちなみに、こちらも十数分で豆撒きに変わります(涙)



今年は自家採種2年目の固定種「常吉小豆」と、
同じく自家採種1年目の固定種、青系大豆「小糸在来」が
収穫できました。こうやって並べるとコントラストが美しい。



そうこうしてるうちに「ご飯たけたで〜!」「は〜い!」



つぎはどんな家を作ろうかな・・・。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
PROFILE
COMMENT
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.