• 2013.01.21 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |



この周りに散らばってる豆が黒っぽいのは、

写真写りがわるいからではなく、

わたしがこがしちゃったから。



今年はダンナが作った大豆。


焦がしてごめん。



ダンナと長男が鬼役。

わたしと次男が豆を投げる役。


楽しかった・・・!


昨日は起きたら雪が積もってました!

って、ダンナがすでにブログ書いてましたね。

でもせっかく写真撮ったから載せちゃいます。




そしてわろうだの冬の恒例仕事、
切干大根作りがやっと始まりました。



こんなに重ねてうまく乾くんでしょうか?
しかも千切りというか、拍子切りぐらいの荒さ。
いつもはもっと丁寧に1本1本並べるのですが
この冬はなかなか時間がとれなくてまとめて大量に切ったのと、
丁寧に並べる時間も取れそうもないので。
失敗したらどうしよー、悲しすぎる。


干す、といえば灯油ストーブの上でも。
洗濯物といっしょにざる3つ。
(火事になる恐れがあるので、危険です!真似しないよーに!!)
写真暗いですが。




中身は・・・



切干大根、皮部分だけ。
あられにする為に餅。
ふりかけにする為の削り節のガラ。

地味・・・

ハーブとかリンゴとかおしゃれなものを干していたかった。
いや、リンゴを干したことはないのですが。


まだまだ台所で大根がうなってます。
フードプロセッサーも試したけれど
刺身のケン(?)ぐらいの細さになるので。
スライサーが欲しいなぁと毎回冬になると思います。

で、買わない。

正しくは、買えない?

あれ、なんなんでしょうね、
いつも欲しいと思っているのに買えないものって。
他のもの買うのに、
なぜかずっと欲しいものを後回しにしてしまうのって。

次の冬も思うのかな、
スライサー欲しいな、って・・・







 こどもの畑で作っていたへちま。
「たわしにする!」と張り切っていたのを、
ようやく夢かなえてあげられました。

実を腐らす方法と、乾燥させる方法と
2種類あるそうで、
臭いのはヤなので乾燥させてました。

まずは底に開いた(開けた?分からないけど開いてた)穴から
種を取り出しました。

とにかく振る!叩く!

種採り中

たまにうすーーいハトロン紙みたいなのに覆われた種もあって、
羊膜みたいやなーと感心しつつ。

あとは乾燥した皮をべりべりと剥いで、
できあがり!

仕様前後

右がたわしになったもの。
小さいへちまだったんです。

左は皮を剥く前。
でかっ。

うちはカッターで適当な大きさにしたら
洗面台の掃除用に使うつもりだったんです。
洗面台の上に置きっ放しでも、
へちまたわしならちょっとナチュラルな雰囲気で
許されるような気がしてて。

今ネットで検索したら長靴の中敷によいとありました。
ほほー、なるほど!

知り合いの編み物&染織を生業としているAちゃんが
菊菜(春菊)の花でそめるんだって。
教えてくれたTさんの畑では菊菜が花盛り。
Aちゃん用にと種取り用にと花を残していました。

なので、マネしてみました。

Tさんにお花を頂いて、
明日やろっと、明日やろっとで、
とうとう花にカビが。

ごめんなさい、Tさん。

自分ちにもオットの菊菜が咲いていたのでもらいました。

kikuna

豆乳に浸して乾かした靴下をぐつぐつします。

senshoku

靴下は輪ゴムでところどころ縛りました。

乾燥剤の石灰をつかってバイセンにします。

菊菜色の靴下ができました!

socks

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
PROFILE
COMMENT
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.